電話する

コラム

2021.02.19
日常ブログ

雪国ならではの日常の楽しみ

雪国ならではの日常の楽しみ方をご紹介します。
こちらの写真をご覧ください!
一面真っ白、一体どこだと思いますか?

雪国ならではの日常の楽しみ
雪国ならではの日常の楽しみ

正解は北海道です!!

福岡・久留米ユニティクラブの姉妹治験募集クラブである「ほくとユニティクラブ」のある北海道で撮られた写真です!
北海道スタッフの自宅近くで撮影されたもので、毎日雪掻きをおこなって不要な雪を集める場所があるそうです。
毎日の雪かきで積まれた雪は高さなんと3メートルにも及ぶそうです。
この写真はそんな雪を集めておく場所に大量に積まれた雪を掘ってかまくらを作った写真です。(ちなみに赤い除雪用具は160㎝です)
照明でぼんやりと光っていて幻想的です。表の壁に彫られた「絆」の文字も達筆ですね!

この中で星空を見ながら、温かい甘酒を飲む予定だそうです。雰囲気があって素敵ですね。

九州の比較的沿岸部に住む私たちにとって、こんなにも大量の雪はめったにお目に掛かることはありませんし、毎日の雪掻きなどちょっと想像もできませんね。
寒くて重労働でつらい作業もこうして楽しみに変えることができるのも地元のスタッフならではの工夫だと思います。
(スタッフ本人がタフでポジティブであることもあると思いますが☺)

2021年は、福岡でも急に寒くなって雪が降ったり、春の陽気で暖かくなったり気温差が激しく体調管理が忙しい2月でしたね。
今年は例年に比べ寒い冬となりましたが、新型コロナウィルスの感染症対策のおかげでいつもより風邪やインフルエンザなどにかかりにくかったという方も多かったようです。
ステイホームやソーシャルディスタンスといった自粛を迫られるなど大変なこともまだまだ続いていますが、何か身近なことをポジティブに変換できると新たな楽しみが見つけられるかも知れませんね。
福岡・久留米ユニティクラブでは感染対策を行いつつ、3月、4月と治験や臨床試験の実施を予定しています。https://csc-smo.co.jp/fkuc/clinical/
是非ご応募お待ちしております。